2011年 賑やかな弾丸プーケット

12月19日(月)

◆松山〜大阪〜京都◆

 
2011年年始以来初めての海外出国。
 大阪で2つ仕事をこなすため午前便にて松山を出発。
 大阪船場 → 京都桂 と移動。
 寒い・・・京都は寒い・・・。
 寒さのあまり涙ぐみ・・・。
 それを見られて、

 「ど・どうしたんですか!泣いて!!」

 ・・・すみません・・・寒いだけなんです・・・

◆関空へ◆

 
京都桂からは阪急→空港バスと乗り継いで関空へ。
 関空でプーケット行き用のスーツケースを受け取り、出張用スーツケースに着ているコート&ブーツを入れて、関空から羽田へ送っておきました。
 すっかり南国リゾート行きの格好になって夕食・・・蓬莱へ。
 エコノミーながらもSFC恩恵のビジネスクラスカウンターでのチェックインにて、並ぶことなくチェックイン。
 プーケットまで通しでチェックインをしてもらいます。
 ガラガラのフライトのようなので、隣席をブロックをお願いしました。
 深夜便なので、出国手続きもガラガラ。
 スムーズに1年ぶりの出国!!
 免税店で、Jill Stuartコスメを購入。
 地方在住者にとっては免税店でのコスメショップ巡りは貴重。
 免税店のみのコフレがあったりもするので、閉店間際の免税店を駆け足で見て回ります。
 そうして、TGラウンジへ。
 久々のTGラウンジは・・・ソファがぼろぼろ・・・。
 かなりくたびれた雰囲気がしました。
 ビール飲んで美味しいコーヒーを飲んでネット接続が出来るのだから、私には十分なのですが・・・。

  

TGラウンジもクリスマス気分♪

TG673便にてバンコクへ。

A330

こちらでエコノミースイート状態(^◇^)

12月20日(火)

◆関空〜バンコク〜プーケット◆

 
 予定通り日付が変わる前に搭乗開始。
 優先搭乗にて、エコノミー一番乗り^^
 懐かしのTGカラー。
 定刻より15分程早い0時15分にはドアクローズ。
 視界に人がいない(笑)
 4席ぶち抜きで横になれます。
 これでバンコクまで楽楽〜♪♪
 

夜食は食べませんでした。

朝食・・・あれ?美味しくなっている^^;


 定刻より30分ほど早い4時半にバンコクへ到着。
 このまま国内線乗り継ぎのため空港内を移動・・・なのですが・・・かれこれ歩いた時の案内板になんとあと800メートル!!
 スワンナプーム空港とにかく歩きます。
 道を間違えてしまうと大変です・・・。
 国内線エリアへの入り口がまだ開かれてなく少々待ちます。
 10分ほど待って再度パスポートとチケットを見せて国内線エリアへ。
 TGのドメスティックラウンジでコーヒーを前にモバイルでネット接続をしていたら、i-Phoneにメールが入りました。
 「今、国内線のフードコートにいま〜す^^Tomoさんは〜?」
おっ!JAL便にて移動の同行者達もバンコク入りしたのね^^
・・・ということで・・・

とにかく歩く・・・スワンナプーム空港。

TGドメスティックラウンジ。


国内線エリアでは1ヶ所しかないフードコートなのですぐに発見^^
無事に合流直後の記念ショット。
見慣れたお顔を見ると、ここが日本でないことを忘れてしまいますね〜。
こちらで合流はしたのですが、私は皆さまより一便早いプーケットへ行くので、即お別れ(笑)
ではまた後ほど〜と言って、フードコートを立ち去りました^^;

現地で使うシャワージェルを持参するのを忘れたのでタイコスメショップで購入しました。

バンコクにて合流〜♪♪

レモングラスの香りに癒されます。


TG201便

B747−400初めてみる塗装。

日本への就航がアピールされている。

お味は・・・^^;

 バンコク〜プーケット間のTG201便は7時45分発のはずだったのですが・・・乗り込んで待てど暮らせど動きださない。
 動きだしたのは8時半近く。
 なのに到着は定刻を10分過ぎただけ・・・という不思議・・・。
 飛行機の中では完全に寝ておりましたので、苦痛ではなかったのですが・・・。
 
◆プーケット到着◆

 プーケットに到着し、初めてのプーケットの空港を撮影しよう・・・としたところ・・・カメラを落とし、カメラが壊れてしまいました(><)
 よってこれ以降写真はほぼございません・・・。
 まあ、リゾートに来たので^^休むために来たので^^カメラがないことぐらいヘコみません^^
 i-Phoneもあるし^^
 入国審査もすぐに終わり、送迎の方ともすぐに合流。
 そのままパトン地区のホテルまで車で移動です。
 時間にして1時間はかかりました。
 
◆リゾート到着◆

今回のホテルは同行者達に合わせました。
Hard Rock cafeの前・・・という非常に分かりやすい立地のBaumanburi Hotel。
お値段の割には・・・という感が否めませんでした。
清掃状態もあまりよくなく・・・。
特筆することは何もなく・・・。
立地も中途半端・・・。
可もなく不可もなく・・・です。
宿泊客は白人がほとんど。
10時半に到着したのですが、そのままお部屋に入れてもらえました。
ウェルカムドリンクは手続きをしながら立ったままいただきます^^;

お部屋でゴロゴロする気にはなれない・・・。

大きなプールがホテルの真ん中にあるのはリゾートしては及第点。

 1時間遅れて到着予定の同行者との合流を前に、1日ぶりのシャワーを浴び、洗濯をしておきます。
 さあ、ここよりリゾートが始まります^^