2010年 ホーチミン
四十路すぎてから、環境の大きな変化をきっかけに”自分とは何か”を探し始めて数ヶ月。
とある試験の追い込み、日々の仕事、生活に追われる中・・・・
「自分を大切に」とか「たった一度の自分のための人生」
の意味がやっと分かり始めてきて・・・
「そういえば・・・本当に私がしたい旅って・・・どんな旅なんだろう・・・」
と考え始めると、試験が終わったその足で、旅立ちたくなりました。

◆5月
GW国内残留のため、ちょっとゆとりのある時間を過ごしていました。
そんな中、何気にANAのHPで航空券を検索していると・・・
松山〜東京〜ホーチミンの航空券が5万2千円であるではないですか!
国内線込みでこの値段は、なかなかお目にかかりません。
首都圏発で2万円台や3万円台のものがあっても、地方在住者は結局トータルで6万円ほどかかってしまうのです。
それに・・・
ANAはちょうどダブルマイルキャンペーンをしています。
それにそれに・・・
今年は、ANAのプラチナ会員でもあります。
なので、今年は、全日空に乗ることにしましょう!!
と、購入を決めます。

私らしい旅・・・

器用でない私は、じっくりと時間をかけて街を散策したいのではないかしら・・・。
そうして、地元の人の生活を感じて過ごしたいのではないかしら・・・。
弾丸旅で私は本当に満足をしていたの?
食文化にもじっくりと浸りたかったのではないの?
御当地の文化への興味も大きいのじゃないの?

それまで「私」というものを押し殺してでも人に合せることが当たり前の人生だった私にとって、「本当は私はどうしたいの?」をこの旅で見つけてみようかしら・・・。
本当の私らしさを取り戻すために私が本当に満足できる旅をするために、行くことにしました。

航空券を確定させて、次に、ホテルの手配です。
女一人旅なので、何をおいても立地を最重要視します。
以前、ドンコイ通りを夜に歩いて感じたのは、意外に観光客がいないことです。
なので、私一人では夜に歩こうと思わない通りだったのです。
色々と調べていると、ブイ・ビエン通りやベンタイン市場近くなら、夜でも観光客で賑わっているようです。
なので、今回は、ブイ・ビエン通り付近に宿泊を決めることにします。
この、ブイ・ビエン通りは安宿街です。
3千円程で宿泊できるきちんとしたホテルもたくさんあります。
その中で、口コミのよい「Saigon Mini Hotel」にします。
ただし、こちらのホテルには最初の2泊だけ。
なぜなら、安宿なので、自分がなじめなかったら・・・。
安宿街の雰囲気になじめなかったら・・・。
そう考えて3泊目からは「Rex Hotel Saigon」に移動することにします。
次に、空港からホテルへの送迎の手配です。
以前に利用したことのある旅行代理店は、送迎のみの手配は受け付けてくれなくなっていました。
なので、Alan1.netから予約を入れました。

◆6月
体調が良くない日が続いたため、前日までベトナム行きを迷っていました。
偶然にも同時期にホーチミン入りするお仕事関係者がいることが判明し、現地でのお食事のお誘いもあって、思い切って出国を決意しました。



6月12日 松山〜羽田〜成田〜ホーチミン
6月13日 ホーチミン散策
6月14日 ホーチミン散策
6月15日 ホーチミン〜
6月16日 成田〜羽田〜松山


旅の予算
航空券
全日空HP
(スーパーエコ割WEB)
諸税込
MYJ〜HND
NRT〜SGN〜NRT
HND〜MYJ





56,960円

宿泊
Saigon Mini Hotel5
(Superior Double 2泊)
Agoda

5,124円

Rex Hotel Saigon
(Premium (New Wing) 1泊)
Agoda

13,663円

その他
空港〜ホテル送迎往復 Alan.net

$60