2009年 夏のヨーロッパ 1日目 松山〜伊丹〜関空〜ソウル〜バンコク



◆松山〜伊丹〜関空への移動◆

全日空446便では、到着後すぐに移動ができるように・・・という配慮でしょう・・・。
1Cの座席となっていました。
前便1634便の欠航につき、振り替えとなった客も多いと思うのですが、搭乗率は半分ほど・・・。
とりあえず、飛行機に乗ってしまったら、もう、何も出来ることはないので、後は定時運行を祈るだけ・・・なのですが・・・
12時20分発の飛行機なのに定刻になっても滑走路に出ていきません。
やきもきしているとアナウンスが入りました。

「当機は12時20分出発予定なのですが、航空路の混雑で、12時40分まで離陸の許可がおりません。
お急ぎのところ申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。」

「・・・」

飛行時間50分の松山〜伊丹間でこの出発20分の遅れは取り戻せないでしょう・・・。
まあ、それ以上遅れなければ問題なく関空行のバスに乗れるでしょうから・・・と心を落ち着かせます。

それにしても、航空路の混雑とは・・・。
見れば、10分前に出発予定のJAL便もまだ搭乗口に駐機したままです。
もし、私がこのJAL便に乗ることを選択していたら・・・。
ディレイしても全日空のサポートは受けられないは・・・全日空にマイルはつかないは・・・^^;
自分の選択は正しかった・・・と改めて感じました。

そうして出発後きっちり50分で伊丹空港へ到着。
せっかく一番前の席にしてくださっていたのですが、残念ながら沖スポだったので、バスに乗る時間がかかります。

関空行のバス乗り場にたどり着いたのはバス出発の15分前。
バス乗り場前の書店で、旅のお供の書籍を購入する時間はありました。
バスに乗り込んで、教えていただいた電話番号へ電話をして、無事に関空行のバスに乗ったこと、ソウル行きに乗る意思のあることを伝えます。
電話口では、

「万が一、バスが遅れるような様子でしたら、再度ご連絡ください。」

と伝えられます。

関空行のバスは定刻より10分早い14時50分に関空へ到着。
そうして、全日空カウンターへ向かうと、客はもう誰もいなくて、すぐにチェックイン。
カウンターの方に

「無事に到着なさいましたね、大丈夫ですよ。」

とお声掛けいただきます。
そうして、15時には出国できました!!

なので、なんと、ラウンジに寄る時間まであるのです!!
  
◆初めての関空の全日空ラウンジ◆

バタバタで昼食をとることもできなかったので、ラウンジで何かいただくことにします。
カウンターを見ると、おにぎりが1つ、サンドイッチが1つ置いてあります。
私がおにぎりを取ると、係の人が1個補充します。
どうやら、1人が大量に取ったり、ラウンジ外へ持ち出す人がいるようで、そういった事を防ぐための策のようです。

全日空ラウンジの入り口です。

ラウンジ中の様子。

昼食を食べます。


◆全日空ソウル行き◆

ソウルへは1時間50分のフライトです。
チェックインするのが遅かったので真ん中の座席になってしまいました。
ほぼフルフライトの機内は、とても窮屈に感じます。
短いフライトなので、ドリンクと菓子が提供されるだけのフライトです。
ドリンクを持ってくる時に、

「いつもありがとうございます。」

と声がかかります。
無事にソウルまで行ける・・・という安心感にやっと落ち着きます。

それにしても・・・フルフライトで座席が人に囲まれるのは・・・厳しいです・・・。
どっと疲れがでてきます。

全日空177便にてソウルへ。

エアバス320。松山からの便と同じ。


◆インチョン国際空港にて◆

定刻どおりにソウルへ到着。
飛行機を降りてからいったんシャトルに乗ってメインターミナルへ移動して、乗継のために再度シャトルに乗って移動します。
18時過ぎには次のタイ航空のフライトのチェエクイン。
チェックインをする際に、何故か、関空〜ソウルの半券を提示させられます。
次のフライトはビジネスクラスなので、ラウンジのインビテーションをいただきます。
免税店で買い物をしてラウンジへ。
インチョンのアシアナラウンジは広々としていてソファもたくさんあって好きなラウンジの一つです。
搭乗ゲートへ行くまでに2時間近くあるので、ラウンジ内のPCを触って遊びました。
20時には搭乗ゲートへ移動。
搭乗予定時刻は20時20分のはずが、21時5分まで搭乗開始になりませんでした。
ちなみに・・・出発予定時刻は20時50分・・・^^;

消毒液ウェットティッシュをもらう。
新型インフルエンザ対策?

このラウンジは食事も充実^^



◆タイ航空でバンコクへ◆

タイ航空657便でバンコクへ行きます。
機材はエアバス330。
私は機材に疎いのですが、ビジネスクラスに乗る時はしっかりと調べます。
なぜなら・・・たまに・・・とんでもないシートの機材の時があるからなのです。
ほとんど倒れないビジネスクラスのシートに遭遇したこともあります。
タイ航空のエアバス330のシートは、まずまず・・・かな〜。
一応、エコノミークラスよりは倒れます^^;

搭乗すると、まず、おしぼりを配ってくれます。
タイ人男性客室乗務員が、

「と・も・さ〜ん、おしぼりどうぞ〜〜♪」

と片言の日本語で声をかけてきます。
後にも、ずっと、

「と・も・さ〜ん」

と、いちいち、日本式のお辞儀をして用事をしてくれます。
思えば、これが、SFC保持者への挨拶!?



ツナサンド!?

前菜は美味しいのですよ・・・

おっ!!これはもしや!!

そう!ビビンバでした!!


タイ航空の機内食・・・個人的には、あまり美味しいとは思っていません。
ビジネスクラスでも同様で、前菜までは美味しいのですが、メインは、ゴムのような味のステーキとか、豆腐をカスカスにしたような豚肉とか、いったい何で出汁をとったのか理解に苦しむ煮物等、全く食べることが出来ないレベルのものも多々あります。
ただ、今回のビビンバ。
これは、とても美味しくいただきました。
お腹も膨れて、移動の疲れが熟睡をしていました。
そのためか、2食目もおそらくあったのでしょうけれど・・・アイスクリームも出たのでしょうけれど・・・全く気付かず・・・。
目が覚めるともう着陸態勢に入っていました。
あれっ?私シート倒したままだけれど・・・ノーチェック?
まあ・・・タイ航空ですから・・・^^;


◆バンコク到着◆

バンコクへは10分ディレイの00時50分に到着。
誰よりも早くイミグレへ・・・とダッシュで歩きます。
かなり歩いたところで、
「イミグレまであと500メートル」
という表示が・・・。
イミグレまでおそらく、1キロ歩かされました・・・。
スワンナブーム空港、効率悪すぎます。
イミグレは並ぶことなく通過。
イミグレを抜けてお出迎えの方に遭遇したのは1時10分。
今日の宿泊はインペリアルクイーンズパークホテル。
格安のレートのものがあったのと、プロンポンを散策したかったのがこのホテルを選択した理由です。
ホテルに到着したのは1時53分。
ホテル目の前のセブンイレブンで水を購入して、3時就寝。
日本時間ではもう5時です・・・長い一日でした。

年季がかなり入ったホテルです。

広さ十分、日本語も通じます。