10月18日




M2のメトロに乗って戻ること数駅でオペラ座の前の駅へ到着します。
メトロは路線が単純で分かりやすくて重宝します。
便数も頻発しているので、移動に便利なのです。

メトロのオペラ座前の駅。
木でできている駅員室など、かわいらしい駅です。

国立オペラ劇場。
1884年完成。

大音楽家たちの彫像が並んでいます。

オペラ座内に入ってみました。
館内見学ツアーもありますが、15時から・・・ということで、後の予定が詰まっているので断念しました。

オペラ座内は重厚な雰囲気。

入口付近を見ただけですが、
一度、こういった場所でバレエを
見てみたいのです。

再度外に出ると、燕尾服を着たチケット売りの方がいらっしゃいます。
よほど、購入しましょうか・・・と思いましたが、深夜2時には起きて出発の準備をしなくてはならないため、またまた断念しました。
弾丸旅も悪くないのですが、ある程度の妥協は必要ですね・・・。

彫像がたくさんあります。
2階のバルコニーにもあるようです。

燕尾服を着たチケット売りのおじさん。
演目を聞いてしまっては、
いてもたってもいれなくなるので、
近寄りませんでした^^;

オペラ座全景です。
奥行きがありそうです。

再びメトロのM2線に乗って、ホテルの近くへ戻ってきます。
お昼間、この辺りは人でにぎわっています。

前日の夕食を食べたレストラン。
この広場の花は本当に美しく植えてあります。

散歩を楽しむ人、ベンチで休んでいる人。
ドナウ河沿いも賑わっています。

再度、ペスト側を眺めるために王宮に行きます。
日が暮れ始めると急激に寒くなるでしょう・・・と思って、一度ホテルへ戻ってブーツに履き替えてコートを持参します。

ホテル前のトラムに乗って、途中メトロに乗り換えて、モスクワ広場へ向います。
ちょうど乗り換えの駅の前に国会議事堂があるので、途中に寄ることにしました。
ここでもメトロの駅で検札にあいます。
何人もの駅員が待機しています。
そうして、勝手が分からないのでしょうか・・・やはり無賃乗車の人々が何人もいました。

夕方のお出かけ用。
またまたコート&ブーツです。

ホテルのエレベーターホールの前の不思議なオブジェ。
自分の意思ではどうにもならない人生に翻弄される女性・・・なのかしら・・・。
ちょっと立ち止まって見入ってしまいます。

ホテル前のトラム乗り場からの眺めです。
くさり橋、遊覧船も見えます。

国会議事堂はネオゴシック様式。
1902年に完成しました。
内部見学ツアーもあります。

美しいドームは96メートルもあります。

国会議事堂全景。

入口に警備の方は見かけません。

代わりにライオンが警備中?(笑)

国会議事堂前にある民族博物館。

こちらもネオルネッサンス様式。
元は最高裁判所だったそうです。

ここにも彫像が・・・。

青い空に美しい彫像・・・。
ついつい眺めてしまいます。

国会議事堂も民族博物館も、中へ入ってみたかったのですが、断念して、再度王宮に向うことにいたします。
再度メトロM3線に乗って、モスクワ広場へ向います。