10月18日



くさり橋へ向う道にもまだ人気がありません。
しばらくホテル前の広場で景色を眺めていたら、ホテルから日本人のご年配のご夫婦が出てこられました。
軽く挨拶をして様子を見てみると、どうやらくさり橋へ散歩にお出かけのようです。
ちょっと距離を置いて、付いていく事にしました。

これでとりあえず安心して散策ができそうです。

くさり橋(正式には、セーチェニ公のくさり橋)は、ブダとペストを結んだ最初の橋です。
実に威風堂々とした美しく荘厳な橋です。

くさり橋は車の往来が激しいので、
少々排気ガス臭いのです。
現地の人はマスクをしています。

橋の見張り役のライオンと王宮。

 

人気がまだないので、ちょっと怖かった・・・。

ブダ側の川岸。

マーチャーシュ教会は・・あらっ・・・嫌な予感・・^^;

1839年から10年をかけて建造された橋。
細工も美しいのですが、その荘厳さが見事!

ブダ側の景観はいかにもヨーロッパというる勢があって見ていて飽きません。

いい季節に来ました。
紅葉も美しく彩りを添えています。

ちょっと肌寒い気温なのですが、
散歩には心地よいのです。

せっかくの美しい建造物なのに・・・
近くで見ると落書きがたくさん・・・。
ヨーロッパって落書きが多いです。

こちらも落書き・・・。
でも、ちょっとおちゃめでした。
いえ・・・ない方がよいのですけれど・・・。

早起きは三文の徳!!
一期一会の景観です!!!

深い碧・・・美しいドナウにやっと会えました。

美しい・・・。
これは・・・国会議事堂なのです!

遊覧船は数多くでているようです。

王宮に上がるケーブルカー。
こちらは市営交通ではないので、
一日乗車券は使用できません・・・。

トラムの乗り場です。

トラムの乗り場の案内板です。

くさり橋を渡ってブダ側へ到着してすぐの所にトラム乗り場があります。
ここからは、空港のインフォメーションで手に入れた、地下鉄とトラムのマップを駆使して移動を開始します。
まず、19番のトラムに乗って、ブダ側を川沿いに進んで3駅目でおります。
そこは、ゲッレールト温泉のまん前です。
そこで47番か49番のトラムに乗り換えて自由橋を渡って再度ペスト側へ戻るとすぐに市場の前へ到着するはずだったのです・・・が・・・

トラムの中。
トラムは非常にゆったりとした速度で走るので、
目的なく乗っていても、景観を楽しむことができそうです。

ゲッレールト温泉。
ぜひとも入場したかったのですが、
気持ちが向かずに、断念。
(トルコの洗礼の後遺症だと思われます^^;)

なんと、自由橋が工事中で、トラムも通行止めになっています。
代替で47番、49番と表示したバスが出ているのですが、ルートが分からないまま乗るのも不安だったので、午前中に市場へ行くことをあきらめて、来た道を再度戻ることになりました。
トラムに乗って、くさり橋を渡ってホテル前へ戻ります。
ホテル近くのメトロに乗って、王宮へ向うことにしました。

メトロの駅構内です。
レトロな雰囲気で落ち着きます。

メトロです。
路線によって車体の趣が異なります。
こちらはM2。
とってもかわいい車体。

王宮へはモスクワ広場までメトロで行きます。

デアーク駅で路線乗り換えです。
ちょっと迷いながらも尋ねながら乗り換えます。
途中どの駅でも検札がありました。
勝手の分からない白人旅行者が、切符無しで乗っていたようで駅員ともめている光景を何度か目撃しました。
Tomoも、ひと目で旅行者と分かるからでしょうか・・・必ず目を合わされて、切符を提示させられました。


メトロ乗り場へのエスカレーター。
高所恐怖症の方は乗れないと思う・・・。
物凄い高さ・・・しかも急だし・・・。

こちらは昇り。
これがまた怖い・・・。
なぜかというと・・・
階段と手すりの進む速度が違うの・・・(;O;)

モスクワ広場にある王宮行きのバス乗り場。

モスクワ広場で降りて、駅を出て左手の階段を上がってすぐのところに、王宮行きのバス亭があります。
頻繁にバスは出ていました。
バスに乗って5分もすれば、王宮の入口です。