5月3日

  


スルジ山頂での感動の時間の心のままに下山します。
スルジ山中腹の絶景ポイントで、再度タクシーを停めてくれます。

スルジ山中腹の絶景ポイントより、旧市街を眺めます。

タクシーの運転手さんにお願いをして、ホテルエクセシオールで降ろしていただくようにしました。
ホテルのカフェから、旧市街が一望できるそうなのです。
ところが、エクセシオールは改装のため休館中・・・でした・・・。
仕方がないので、旧市街の入口のひとつ、プロチェ門で降ろしてもらうことにしました。

プロチェ門付近から旧市街を眺めます。

大きく感情を揺さぶられたスルジ山頂観光・・・時間は1時間ほどしか経過をしていませんでした。
あまりに感動をしたので、少々疲れてもいたのですが、10時もまわると、気温が上がってきて、初夏の空気を感じることができます。
暑いのが大好きなTomoは、俄然元気になりました。

今日もお天気に恵まれています。
青い空が旧市街の白い石畳をまぶしく照らしています。

早速、旧市街散策を開始します。
土曜日なので、朝市も開かれています。

名産の乾燥イチジクや、オリーブオイルにハーブをつけたものも売られています。

ドブロブニク旧市街は、ヨーロッパがはじめてのTomoでも散策しやすい所です。
街を歩いているほとんどの人が観光客なのです。
路地も全く怖くはありません。
人気の無い静かな路地も、安心して散策ができます。

散策を1時間もしていると、無性にのどが渇いてきました。
前日の城壁巡りの際に見つけた絶景カフェに向うことにしました。

城壁の下を歩きます。
前日に城壁の上から眺めた場所です。

石畳を清掃する車です。

再度プラツァ通りに出ました。

大聖堂を眺めます。

ルジャ広場から、先ほど登っていたスルジ山を眺めます。

プラツァ通り沿いの建物です。

彫刻が飾られています。

アーチの美しい建物です。

路地を覗くと、いたるところにカフェがあります。

あっ!!
クロアチアの赤白です!!
(by PPさん^^;)

何処へ行っても観光客で一杯です。

朝市。
大変賑わっていますが、
購入いている人はあまりいません^^;

オープンカフェ・・・まだ準備中・・・。

階段をのぼって・・・

振り返って再度スルジ山を眺めます。

聖イグナチオ教会。

どんどん上に上がっていきます。

旧市街の一番南の路地を
西へ登っていきます。

すると・・・右手にこのような看板が・・・。
たった、これだけの看板・・・COOLです!!

そうして、小さな入口をくぐると・・・。

絶景カフェに到着です!!

この名前の分からない絶景カフェにたどり着くには、とにかく南に向いて歩いていくことです。
そうすると、本当に小さな「COLD DRINKS」という看板を見ることができます。
城壁をくぐると、アドリア海にせり出した岩にテーブルと椅子が並べてある絶景カフェを目にします。

メニューは特筆するものはありません。
ビールとジュース、そして軽食程度です。

それでも、この絶景こそがごちそうなのです!!

上着を脱いでも暑い最高のお天気!
ゆっくりと絶景を楽しみます。
冷たいドリンクを飲みながら、ぼ〜っと海を眺める時間。
何も考えることなく、ただただドブロブニクまで来たことを感じる時間。
癒しのひと時です。

散策の合間の一息に、ゆったりとした時間を過ごすことのできるカフェです。

ドブロブニクのビール♪
Tomoは飲んでいません^^;

絶景に蕩けるTomo。

クルージング中のヨット。
手を振ってくれます。